訴訟戦略

最も望ましいことは、イノベーション先駆者として、お客様が競争優位を確保する知的財産権を取得することです。

ここでは、考えられる侵害者からできるだけ効率よく距離をおくことが極めて重要になります。単数ないし複数の侵害者を発見した場合、早急に且つ低費用で侵害行為を止めさせるために明確な訴訟戦略を考案することが非常に重要です。

権限問合せ、警告、仮処分の申し立て、または裁判訴訟等どの権利行使をすればいいのか、裁判管轄についてや複数の侵害者がいる場合、特定の侵害者をまず起訴すればいいのかなどのアドバイス致します。