知財ポートフォーリオ評価

知的財産権ポートフォーリオを構築する前に、その法的有効性を確認し、その価値を分析するべきです。

これらの知的財産権は方式要件を満たしているのか、例えばドイツ職務発明に関する法の規定が十分に考慮されているか、発明者名は正しいかなどを確認しなければなりません。知的財産権が実施製品に沿ったものか、十分に保護されているかどうかを見るために、内容上での分析も必要です。

ここでは、これから取得しようとしている知的財産権利の強みと弱みを明確に言及し、権利取得前に意思決定の基礎と交渉基盤を提供いたします。