侵害鑑定

新しい製品を市場へ持ち込む場合、第三者の権利に抵触していないかを分析・検討することをお勧めします。ここでは、権利侵害調査(Freedom-to-Operate)を行います。

競合会社の先行特許において紛争している場合、通常お客様がこの特許権を侵害しているか否か明確な判断を必要とします。その反対の場合、競合会社がお客様の特許権を侵害しているか否かを確かめることが必要です。

またこのような場合、訴訟を提起しなければいけないのか、費用を抑えた解決策があるのか直ちに決定しなければなりません。その上、訴訟を提起する場合、訴訟費用はいくらかかるのか予測できなければなりません。

このような場合に、鑑定を行った上でお客様に適切に提案いたします。