競業法

権利取得されていない又は未登録の知的財産権がある場合(特許、商標および意匠において)、お客様の特許権が有効期限切れである、また却下処分が下りてしまった場合、特許登録が不可能だった場合、場合によっては、不正競争防止法が保障するように、競業法を適用できます。不正競争防止法は、事業者間において適正な競争を確保するためのものです。特許表示をした広告について限度を規定したり、定の条件の下で商品の模倣を禁止したりしています。

この法律分野では、最新の裁判例やEU規定を常に持ち合わせていることが重要です。そうでなければ、望ましくない法的効果を生む可能性があるからです。特にここでは、独占禁止法的側面を考慮にいれなければなりません。

当PMP事務所は、不正競争防止法の権利を要求し、お客様の広告の安全性につきまして法的アドバイスをさせていただきます。