ライセンス権

ライセンス契約において、権利者が知的財産権の利用を、ライセンス料を対価として他人に許諾することができます。他には、金銭以外の対価を取り決める使用料なしのライセンス契約や権利者同士がお互いの権利を許諾する「クロスライセンス契約」もあります。

ライセンス契約は、一般的に特許、実用新案、商標・ドメイン名および意匠(デザイン)における産業財産権、また著作権などその他の知的財産権に基づき、また単にノウハウの提供においても用いられます。

ライセンス契約は契約範囲、契約商品、ライセンス料の算定などさまざまな面において規定が必要です。特に重要なのは、独占禁止法などの点を考慮に入れることや一目で目に付かないような点に注意することです。

当事務所は、お客様に最適の契約条件を提案し、それに適したライセンス契約書の作成および交渉サポートを国内外で行っております。